2008年01月28日

職員会議と特別支援教育委員会と学団研修と持ち帰り仕事 2

今日の職員会議は大変スムーズでした。というのも、管理職のおかげです。時間のマネジメントをしてもらいました。放課後にたくさん会議や打ち合わせがあり、どれも大事だけれども、時間配分をきっちりされたから効率よくできました。
ところで、学団研で今度2月14日に行う4年生音楽の授業研の指導案検討をしました。歌唱指導に対して専門性がないのであまり意見が出せませでしたが、音楽専科の先生は丹波教育事務所の教科等指導員もされており、さすがだと関心したことがあります。
今回「ハモる」がテーマなのですが、そのために段階を得た指導を計画されました。
まず、教材観がしっかりしており、単元目標が構造化されています。たとえば「二つの旋律を重ねる」→「二つの旋律を聴きとる」→「旋律の追いかけと部分二部合唱」→「二部合唱」というように。
そして、新しい曲を習うごとに二部合唱に向けてステップアップできるような流れがあります。一時間ごとの評価規準も明確で、指導の手立てや評価方法についても工夫されています。きっといい授業になるに違いありません。
と同時に、1月31日に行う3年生算数の授業研究の指導案も持ち帰り、読み込みました。新任さんなんだけど、単元設定の理由が実に流暢に書かれています。読みやすいです。
先輩や後輩の指導案を読むことは、自分がこれまで行ってきた実践を振り返り、これから目指す授業像を設定するのに適していると思います。明日もよい授業をしましょう(笑)

alby at 22:55コメント(0)トラックバック(0)教育の話題一般   mixiチェック

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
月別アーカイブ
最新コメント
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスグラフ

    Profile

    細見です

    メッセージ

    名前
    本文
    記事検索
    タグ絞り込み検索