プロジェクターとOHC5年生社会で沖縄の年間平均気温と自分の地域の気温を比べる単元がある。5年生の社会では図の読み取りの力をつけたいと思って継続指導している。
今日は、教科書を拡大投影機(OHC)とプロジェクターで黒板に大写し、チョークで丹波市の気温を書き加えていった。
「グラフを比べたり、発表がしやすかった」「見にくいけどわかりやすい」「丹波市と那覇市の気温の変化がよくわかった」という子どもたちの感想。
授業後、ノートをチェックしたが、気温の変化や、最高気温、最低気温を比較し、よく考察した意見が目立った。教科書のみを使った授業よりも確実にわかりやすかったようだ。成功。