04257fdc.JPG野外活動クラブで地域の方にお世話になり、子どもたちと魚釣りに行った。といっても竹竿に針をつけた手作り道具で。えさはミミズ。ミミズは小さくちぎって針につけるのだが、子どもたちは嫌がってなかなかつけられない。
しかし、釣り始めるとおもしろいように釣れた。全部カワムツ。婚姻色のきれいな赤色をしたものもいた。
一人が「うわっ。魚から白いものがでてきた!」と騒いだ。よく見るとオスの精子。これはめずらしいと思い写真を撮る。5年生の子どもはメダカの受精を勉強したところだったので、「これが魚の精子」と解説した。生きた教材はとても説得力がある。
この野外活動クラブ。私はとても有意義な活動をしていると思う。