細見の一日

情報教育や理科教育に関する授業研究を中心に情報発信しています。小学校におけるICTを活用した授業づくりに興味があります。

気になる記事がありましたら、お気軽にコメントをよろしくお願いいたします。

2019年08月

イングリッシュキャンプ

イングリッシュキャンプ
山南住民センターで開催された丹波市教育委員会のイングリッシュキャンプに初参加した。

伝達講習の後、丹波市ALTによるActivityがあった。オールイングリッシュということで参加する前はちょっと不安だったが、楽しい内容だったので来年も参加したいと思った。

児童生徒のアレルギー疾患への対応に関する研修会

児童生徒のアレルギー疾患への対応に関する研修会
山南住民センターで開催された児童生徒のアレルギー疾患への対応に関する研修会に参加した。

講師は、ならばやしこどものアレルギークリニック院長楢林成之先生。「児童生徒の食物アレルギーへの対応〜エピペンがあれば怖くない?〜」という講演を聞いた。専門医ならではのお話で、大変勉強になった。

食物負荷試験の保険適応は8歳まで、という衝撃の事実を知った。丹波市では、丹波医療センター小児科で受けることができる。日帰り入院が必要。

ならばやしこどものアレルギークリニック
https://nacinkobe.com/

第3回プログラミング教育実践研修

第3回プログラミング教育実践研修
丹波市教育委員会の第3回プログラミング教育実践研修に参加した。2学期に実践するプログラミング教育実践指導略案25部が集まった。研修の参加者それぞれがアイディアを持ち寄ることで、よい資料ができていると思った。

この研修は、みんなのコード「プログラミング指導教員養成塾」の一環として位置づけられている。講師は松川先生。

>みんなのコード
https://code.or.jp/

運転免許証更新

わかる 身につく 交通教本
午前中の奉仕作業が終わってから、但馬免許更新センターに行く。午後の受付開始30分前から並び、優良講習の一番札をゲット。午後2時には新しい運転免許証を手に入れることができた。

講習で初めて知ったのは、平成29年3月12日に道路交通法が改正されていたこと。75歳以上の高齢者が違反行為(18基準行為)をしたとき、臨時認知機能検査を受けなければならなくなった。また、準中型免許が新設された。

日本にいない時期に色々ルールが変更されていたので、講義を真剣に聞いて覚えた。家に帰っても「わかる 身につく 交通教本」(平成31年4月1日)を読み直し復習した。交通事故のないようにしたい。

(一財)全日本交通安全協会
http://www.jtsa.or.jp/

台風10号の接近

台風10号で気圧が低下

台風10号の接近に伴い、イベントが中止されたり、公共交通機関が運休したりしている。丹波市には暴風警報が発令されているが、現在のところ、風や雨は穏やかである。

「不要不急の外出は止めましょう」という呼びかけがあり、予定していた買い物は中止した。しかし、曇り空で暑くなく、草刈りにとても適している天候なので、午前中に山の草刈りをした。

丁度、昼食の時間になり、家に戻った。台所では、気圧の低下によりパスタの袋がパンパンに膨らんでいた。天候は穏やかだが、確実に台風は近づいている。何事もなく過ぎ去って欲しい。

三代目 磯尾柏里 彫刻展

三代目磯尾柏里彫刻展
丹波市立植野記念美術館で開催されている「三代目 磯尾柏里 彫刻展−明日を見つめて−」を鑑賞した。ちょうど、「赤ちゃんからの美術鑑賞ツアー」が開催されていて、小さな子がたくさん来館されていた。

立体作品をどのように作るのだろうと思っていたら、粘土で型を作り、FRPで成形するということを初めて知った。

丹波市立植野記念美術館
https://www.city.tamba.lg.jp/site/bijyutukan/

1日人間ドック

近畿中央病院
近畿中央病院で1日人間ドックを受診。上部消化管内視鏡検査(胃カメラ)で、オェっとなる。今年初めてメンタルヘルス相談が利用できた。

血圧は、昨年の特定保健指導による成果で改善していた。なんとか、「予備軍」に入隊できた。しかし、腹囲はクリアできず、中性脂肪も高いため「脱メタボリック計画書」が作成された(涙)。

写真は、食堂の定食。何種類から選択できるけど、一番おいしそう(熱量の高い)なものを選んだ。
人間ドックの昼食

後で聞いた話だけど、新しくできた丹波市健康センターミルネで人間ドックを受診すると、昼食はヤマザキショップのジュースとパンということだ。

ISS(国際宇宙ステーション)を見た

iss
先日、先輩(たぬきさん)のfacebookで、国際宇宙ステーション(ISS)が見えると知り、家族4人で観察することにしました。

宇宙空間にあるISSは、サッカー場くらいの大きさで、条件が揃えば、日の出前と日没後の2時間ほどの間に地上から数分肉眼で見ることができます。

手持ちの天体観測アプリ「Star Walk 2」で、ISSの軌跡をシミレーションすると、本日は西北西の位置から登りはじめ、南東へ沈んでいくことが分かりました。

我が家は南西にすぐ山があり、観察地点としては適していないので、車で開けた地点へ移動しました。

19時36分ごろ、西の空から明るく輝く光が登ってきました。思わず、「出てきた」「見えた」と大きな声を上げました。

ISSは惑星や恒星とは明らかに違う動きをしていました。また、飛行機のように点滅しません。とても明るい点が、スーと移動します。実際に見えたのは6分間でした。

10mmの広角レンズで撮影しましたが、ピンぼけという初歩的なミスをしてしまい、残念な結果となりました。上の写真の右は上弦の月、中央は木星、左下へ軌跡が残っているのがISSとなります。

撮影場所では、ISSを追いかけて子供たちが南へ伸びた道路を走って行きました。娘は「きれい。ISSはやっぱり速かった」と言いました。ISSは約90分で地球を1周します。

興味がある方は、JAXAのサイトで情報を得ることができます。ぜひ、観察してみてください。

宇宙ステーション・「きぼう」を見よう
http://kibo.tksc.jaxa.jp/

ニューリーダー育成研修

ニューリーダー研修会
山南住民センターで丹波市教育委員会のニューリーダー育成研修に参加した。

講師は大学院時代同期の筒井先生。「深い学びの授業に向けて」という講演を聞いた。

学校職員交通安全研修会及び青色防犯パトロール講習会

春日文化ホールで開催された学校職員交通安全研修会及び青色防犯パトロール講習会に参加した。

青パト資格の実施者証を更新した。3年に一度の更新が必要らしい。
月別アーカイブ
最新コメント
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスグラフ

    Profile

    細見です

    メッセージ

    名前
    本文
    記事検索
    タグ絞り込み検索