2019年07月

2019年07月09日

小児食物アレルギー診断治療戦略

ざわざわカレッジ2019
柏原住民センターで開催された丹波医療ざわざわカレッジの講演会に参加した。講師は、兵庫県立丹波医療センター小児科の岡本光宏先生。丹波医療センターがアレルギー診療をがんばっておられるという内容だった。

鶏卵・牛乳・小麦の負荷試験を5つのSTEPにわけて実施し、具体的な目標を設定して寛解を目指すという治療戦略に納得した。

丹波医療センターの外来は分かりやすく、待ち時間短縮のためスマートフォンに呼び出し画面がでるという情報も得た。

丹波新聞社の足立記者からは、ここ10年間の柏原病院の医師数、患者数の推移を具体的な数値で解説してもらった。秋田院長の「教え学ぶ文化」という経営方針も講演から理解できた。

次回は8月6日(火)。和久先生の講演が予定されている。毎月、貴重な講演が市民に無料で公開されている。

兵庫県立丹波医療センター
https://tmc.hyogo.jp/

alby at 23:19コメント(0)  mixiチェック
月別アーカイブ
最新コメント
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスグラフ

    Profile

    細見です

    メッセージ

    名前
    本文
    記事検索
    タグ絞り込み検索