細見の一日

情報教育や理科教育に関する授業研究を中心に情報発信しています。小学校におけるICTを活用した授業づくりに興味があります。

気になる記事がありましたら、お気軽にコメントをよろしくお願いいたします。

2014年04月

入学式

入学式
祝、ご入学。かわいい新入生24名が入学した。

ポンプ操法早朝練習3日目

南東の空に金星が輝いている。明けの明星。
image

離任式・着任式・始業式

始業式
新しい校長先生、教頭先生を迎えました。新しいスタッフで、新学期が始まりました。

私は4年生27名の担任になりました。子どもたちにとって充実した1年になるようにがんばりたいです。

ポンプ操法練習

ポンプ操法練習
今日は丹波市消防本部で講習会があったようだ。夜練習の選手の動きが、ぐんとレベルアップしていた。声も大きくなった。18人参加。

親不知の抜歯の抜糸

3月27日に親不知の抜糸の手術をし、あごの骨をけずり、5針縫っていた。今日は、やっと抜糸ができた。

痛みは治まりつつあるが、完全には回復していない。抜歯した後には穴が空き、それが埋まるのは1ヶ月以上かかるようだ。

化膿止めと痛み止めを引き続き処方される。

4月1日には、会議で発言すると口の中で糸が引きつり、出血することがあった。抜糸により、その苦痛から逃れられるのが何よりもうれしい。

ポンプ操法早朝練習二日目

早朝練習2日目
早朝5時から16人集合。雨をしのぎながらの練習。

出席簿が電子化できた

出席簿
4月1日から取り組んできた校務支援ソフトの初期設定が完了した。

全校児童の名簿登録、クラス編成、担任登録ができた。年間授業日数、休業日の設定もできた。

これにより、出席簿が電子化できた。学級担任は、自分のクラスの出席簿を開き、毎日欠席者を画面で入力する。月末には、欠席日数が自動計算され、上記の画像のような一覧表がPDFファイルで出力される。

それをプリントアウトし、担任が押印して管理職が決済する仕組み。

長期休業日や振替休日、休日の名称をあらかじめ設定したので、学級担任は、定規で赤線を引っ張ったり、集計をしたり、備考欄に記入したりする手間が短縮できる。

月末統計にかける時間がずいぶん短縮できそうなので、期待している。

全校で成績処理ソフトを統一した

成績処理ソフト
今年度、1年生から6年生まで使用するテストの業者を統一した。目的は、校務支援システムの導入に伴う学習評価の適正化である。この業務改善により、子どもにかかわる時間が増えることを期待している。

最近の成績処理ソフトは、複数の担任を登録できるようになっている。そこで、1年生から6年生の児童名と担任名を登録し、採択した教科書に応じたテストを設定した。

本校は、兵庫型教科担任制を導入しているので、社会や理科の交換授業があったり、算数は新学習システム教員が担当したりしている。そのため、一つの学年に複数の教員が評価データを入力していく。

専科教員を設定するという方法もあったが、今回は、一つの集計ソフトに複数の学年を登録し、入力する教員が自分の担当する学級を選択するという方法にした。

これによって、学期末にそれぞれの教員が持つ評価データを統合する必要がなくなり、学級担任は、全ての教科のデータが一元化できることになった。さらに、個別懇談会の際に、テストデータを集計した結果を保護者に返すことが可能になった。

また、学期末には、観点別集計表や単元別集計表などの成績データを、校務支援システムに移行し、通知表の作成や指導要録の作成に生かせるようにした。

丹波市が導入した校務支援ソフトと、学校で統一した成績処理ソフトを連携させることで、業務改善が一気に進むことを期待したい。

校務支援ソフトの設定作業

4月1日から校務支援ソフトの初期設定を続けている。職種により「権限」が設定されており、一番下の「教諭」には、初期設定をする権限がないので苦労をしている。「権限」とは、システムの操作ができる範囲を狭めている制限のことをさす。

校務支援システムの設定は、教務を担当している職員がすることが多いと思う。サポートディスクと相談しながら分かったのは、教諭の権限を一時的に引き上げると設定がしやすいということ。

校務支援ソフトの設定で苦労されている方は、管理職に相談して、権限を一時的に「校長」や「教頭」や「主幹教諭」などに引き上げてもらうとしやすいと思う。

小1〜小6教育技術の年間定期購読

小学館の「小1〜小6教育技術」の年間定期購読が、インターネットから申し込みができる。

昨年、親しい書店のご主人が亡くなられたので、今年からは送料無料なので直送してもらおうと思う。

小学館雑誌定期購読ページ
http://skygarden.shogakukan.co.jp/sol/magazines/
月別アーカイブ
最新コメント
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスグラフ

    Profile

    細見です

    メッセージ

    名前
    本文
    記事検索
    タグ絞り込み検索