細見の一日

情報教育や理科教育に関する授業研究を中心に情報発信しています。小学校におけるICTを活用した授業づくりに興味があります。

気になる記事がありましたら、お気軽にコメントをよろしくお願いいたします。

2012年10月

男の子が誕生

ブログネタ
妊娠・出産 に参加中!
男児が誕生
10時38分、3,464gの男の子が誕生しました。予定日ぴったりでした。

西脇病院の助産師さんはすばらしい方で、安心して出産に立ち会うことができました。一緒にいた娘も、弟の誕生をとても喜んでいました。

生まれて初めて「へその緒」を切りました。へその緒は母親の胎盤とと子どもをつなげる重要な役割を担っています。父親としてわが子の自立を願って、一息で切りました。

8月末には切迫早産の心配もありましたが、今は母子とも元気で安心しています。ブログをご覧の皆様には、今後ともよろしくお願いいたします。

視聴覚教育2012年10月号

視聴覚教育2012年10月号
月刊視聴覚教育2012年10月号に、第16回視聴覚教育総合全国大会、第63回放送教育研究大会全国大会、合同大会(東京大会)の報告があった。

pp.42-43に、8月3日に国立オリンピック記念青少年総合センターで発表した団体別研究(全放連)の内容が掲載されていた。

レッツノートの修理

SDカードが認識しなくなったので、修理に出した。レッツノートは高いけど、3年保障がついているので安心。

ネットはiPadで見ることができるけど、ブログの書き込みはPCの方が便利。

さだ子と千羽づる

3連休明け。今日の学校朝会は6年生が担当。広島に修学旅行にいく前段階として、全校生に折鶴を作ってもらうようお願いをした。

内容は、まず、『さだ子と千羽づる』を全員で朗読した。次に、歌「おりづる」を合唱した。『さだ子と千羽づる』は、よい絵本である。10分程度で読め、原爆の子の像についてよくわかる内容となっている。

前日は人権参観日があり、発表準備にあまり時間がかけられなかった。反省点も多いが、一歩ずつ着実に取り組めいているのでよしとしよう。

午前中に市教委の指導主事訪問があった。学力向上の取り組みについて質問があった。こちらも課題が残ったが、すぐに成果がでないこともあるのでじっくり取り組んでいきたい。

1.6kgのサツマイモを収穫

ブログネタ
食欲の秋!好きな食べ物はなんですか? に参加中!
サツマイモ
収穫の秋です。隣の篠山市では味祭りが開催され、にぎわっています。

我が家では、クリに続き、サツマイモの収穫をしました。

この写真、4歳の娘がサツマイモを持っているのですが、1.6kgありました。

こんなに大きいと料理をするのが大変です。妻が切り刻んでスイートポテトを作りました。

(財)理数教育研究所 設立記念講演in大阪

安藤忠雄先生の講演
大阪国際会議場(グランキューブ大阪)10Fで開催されたRimse(財)理数教育研究所 設立記念講演in大阪に参加した。

記念講演は安藤忠雄さん。「夢かけて 走れ」という話を聴いた。日本のよさ、世界を見ること、教育には「野生」がを復活させなければならない、など大変刺激な内容だった。最近聴いた講演の中では、抜群によい話で感動した。次元が違うと思った。

著書『仕事をつくる―私の履歴書』を購入し、サインをしてもらった。会場の参加者は800人。サイン会はすごい行列だった。

その後、パネルディスカッションを聴いた。数学者、算数教育の専門家である、岡本和夫さん、清水静海さん、根上生也さんが壇上に登場。コーディネータは、「教育の情報化に関する手引き」を執筆された玉置崇さん。

算数的活動・数学的活動をテーマに話し合いを進められた。学習用デジタル教科書もテーマに出された。指導用デジタル教科書は本校でも普及してきたが、児童が用いる学習用デジタル教科書の活用のイメージは想像できない。

丹波市でも三輪小学校や小川小学校のような全国でも最先端のICT環境がある学校では、学習用デジタル教科書は活用されているのかなと思った。氷上情報教育研究会で情報交換を進めていきたい。

栗山の草刈り

丹波栗
栗山の草刈りをした。ワラビやササが繁茂しており、大変な作業だった。落ちている栗は、野生動物が先に食べている。

草刈りをしながら、イガに入っている栗を見つけるとうれしくなった。テンションが上がり、もうやめようと思っていた草刈りが持続できた。

結局、2kgほどの栗が拾えた。栗の木にはまだ実がついているので、今度からは野生動物よりも先に拾おうと思う。

人権参観日 ほほえみ「百日かせぎ」

人権参観日
5校時は人権参観日。学校のカリキュラムに従って、ほほえみ「百日かせぎ」を授業した。

PTA講演会は、「子どもたちとインターネット・携帯電話に潜む危険〜子どもたちを守るためにすべきこと〜」というテーマで、兵庫県立教育研修所主任指導主事三原智雄先生にお話していただいた。情報モラルに関するよい話を保護者とともに聞かせていただいた。

残業

明日の人権参観日の指導案作り、教材作りのために残業。時計を見て「まぁ、こんな時間までいるなんてめずらしい」と言われる。ほめ言葉として受け取る。

「言葉の力」を高めるために

日本語教育部会
国語を勉強するために、春日中学校で開催された日本語(小)(中)部会に参加させてもらった。5本のレポート発表があった。
1 先生も子どもも楽しめる国語科の授業作り(西小)
2 新教材から学ぶ(和田中)
3 習得した言葉の力を活用できる子の育成−考えたことが見える国語科のノート作り−(新井小)
4 言葉の力を鍛える指導法の追究〜学ぶ楽しさが実感できる授業づくり〜(東小)
5 伸ばしていこう つたえあう力(遠阪小)
その後、「言葉の力」を高めるためにどうすればよいかを話し合った。代表は、遠阪小になった。
月別アーカイブ
最新コメント
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスグラフ

    Profile

    細見です

    メッセージ

    名前
    本文
    記事検索
    タグ絞り込み検索