細見の一日

情報教育や理科教育に関する授業研究を中心に情報発信しています。小学校におけるICTを活用した授業づくりに興味があります。

気になる記事がありましたら、お気軽にコメントをよろしくお願いいたします。

2012年09月

娘の誕生日

娘の起床第一声「誕生日!」。いきなり叫んだ。

4日前ほどから、「あと3回寝たら誕生日や」とカウントダウンをしていた。また、保育園の出席ノートのシールを数えて、誕生日を確かめていた。よっぽど楽しみだったに違いない。

朝食を食べてから、「しまじろうからのおたんじょうびパーティー」を参考に、お誕生日会を二人でする。

まず、「おうかん」を作る。次に、「4さいになるほん」にメッセージを書き込んだり、写真を貼ったりする。

そして、WEB「しまじろうからのおたんじょうびパーティー」のムービーを見る。ヤマハのボーカロイドシステムが採用されており、名前を入れると、しまじろうが娘の名前で「ハッピーバースデーの歌」を歌った。これは、初めて見た。最新技術にびっくり。

お昼はゆめタウンのマクドナルド。教え子がアルバイトをしていた。ハッピーセットのチーズバーガーがかなりうまいらしい。完食。

午後は、ひとはくの「キッズかわらばん」を作成して、作品応募。山陰ジオパーク館の見学を記事にした。

夕方は妻の見舞い。kajitsuのケーキを病室で食べ、一緒に娘の誕生日を祝った。

水車よまわれ! 村人の願いをのせて!

水車よまわれ村人の願いをのせて
地域づくり事業発表会で6年生がステージ発表をした。今年度の地域づくり事業では、昨年に続き「田路の水と農業の話」を通して、先人が様々な苦労を乗り越えてきたことを学習してきた。その中でも水車に焦点を当てて、「水車よまわれ! 村人の願いをのせて!」という劇を創作した。

発表では、昭和23年頃まで利用されていた水車を、実際に倉庫から運び、ステージに設置した。これはインパクトがあり、話の内容がよく伝わる工夫となった。また、民話「もとふみ歌」を流したり、歌詞を解説したりして、当時の農業を再現した。

1年生から5年生134名、そして、地域や保護者の方37名に聞いていただいた。6月27日から夏休み中も継続して学習を積み重ねてきた。子どもたちはよくがんばった。よい発表会になった。

2学期が始まった

始業式。係、当番決め。地域づくり事業発表会練習。午後は応援合戦の打ち合わせ。夕方は宿題点検。夜は保育園の準備。自分の仕事は早朝にしようと思う。

稲刈り

昨日の雨で田の状態が悪いが、「夢たんば」の出荷日が決まっているので、家族で稲刈りをする。

コンバインの調子はいい。収穫した米は軽トラ(ダンプ)に載せて、JAに持っていく。

春日ライスセンターに到着すると、軽トラ30台ほどの大行列。軽トラがずらりと並んでいるのは壮観である。

こんなときは、ダンプが大活躍。あっという間に米を降ろすことができた。

消火栓ボックス点検

最近、消火栓ボックスの筒先盗難事件が多発している。今夜は全ボックスの点検活動。部内32箇所。水利も確認

第19回算数教育を語る会(SK2)

算数教育を語る会

サンセンタープラザで開催された第19回算数教育を語る会(SK2)に参加した。JR篠山口駅で予定していた電車に乗り遅れ、途中、生瀬駅で安全確認のため18分間停車し、阪急電車の乗り換えにも失敗した。今日はちょっとついていないかも。

研修会では、第8回関西算数授業研究会の研究授業のビデオを視聴した。17名が参加。
月別アーカイブ
最新コメント
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスグラフ

    Profile

    細見です

    メッセージ

    名前
    本文
    記事検索
    タグ絞り込み検索