2012年05月

2012年05月31日

ごんぎつねの世界

ごんぎつねの世界
丹波市植野記念美術館で6月17日まで開催されている特別展「新美南吉 生誕100年 ごんぎつねの世界」を、6年生児童と鑑賞した。

新美南吉の生涯は実に興味深い。4歳で母を亡くし、結核により29歳で亡くなるまで、童話を100編以上書いたらしい。

ごんぎつね展は2度目の来館になったが、2回見ても楽しめた。小学校4年生にぜひお勧めしたい。

alby at 17:13コメント(0)トラックバック(0)  mixiチェック
教育の話題一般 

2012年05月30日

新井小学校北校舎改築工事に伴う埋蔵文化財発掘調査

遺跡発掘調査
4月20日から5月31日まで新井小学校北校舎改築工事に伴う埋蔵文化財発掘調査が行われている。水田跡や住居跡、土器が出土しているようだ。

ラジコンヘリ
今日は、調査場所を俯瞰するために、ラジコンヘリで空中撮影が行われた。私もヘリを飛ばして空中から撮影してみたいと思った。

alby at 18:00コメント(1)トラックバック(0)  mixiチェック

2012年05月28日

ひょう

ひょう
すごい雷雨とともに、ひょうがふってきた。直径1cmくらい。

びっくり。うひょー。

alby at 17:52コメント(0)トラックバック(0)  mixiチェック

2012年05月27日

青少年のための科学の祭典

「青少年のための科学の祭典」開催準備のために神戸市立青少年科学館で会議をしていました。たくさんの方に来場していただけるために、楽しい企画を考えました。
1 名称 青少年のための科学の祭典丹波会場大会2012

2 主催 青少年のための科学の祭典・丹波会場実行委員会

3 日時 2012年7月22日(日) 午前10時から午後4時30分

4 会場 ゆめタウン「ポップアップホール」

5 内容 科学が体験ができる32ブースが出展。夏休みの自由研究のヒントになります。親子で楽しめます。


alby at 20:06コメント(0)トラックバック(0)  mixiチェック
理科教育 

2012年05月25日

キビタキ

キビタキ
出勤すると中庭にきれいな黄色い鳥が死んでいた。職員室の窓ガラスに頭を打ちつけ、首の骨が折れたようだ。

名前は、スズメ目ヒタキ科のキビタキ。

春から夏に東南アジアから全国に渡ってきて繁殖する。平野から山地にかけての高木の多い樹林に生息し、昆虫類を食べる。その姿と美しさから、オオルリ、コマドリと並んで3大夏鳥と称される。

鳴き声:「ピチュリピチュリ」「ピリリリリ」などの多くのバリエーションをもつ。

alby at 16:46コメント(0)トラックバック(0)  mixiチェック
理科教育 

小・中学校連携研究協議会 全県協議会

佐藤真先生の総括助言
兵庫県教育委員会が姫路市文化センターで開催した 小・中学校連携研究協議会 全県協議会に参加した。

兵庫型教科担任制の教育効果を生かした小・中学校連携の推進、義務教育9年間を見通した 小・中学校連携の効果的な推進について話を聞いた。

師匠の総括助言も聞いた。

alby at 16:35コメント(0)トラックバック(0)  mixiチェック

2012年05月24日

クワガタ

ポンプ操法大会に向けて毎晩練習している。
今夜はクワガタが遊びにきた

alby at 20:22コメント(0)トラックバック(0)  mixiチェック

2012年05月23日

イチゴがり

ご近所の子とイチゴがり。

alby at 17:48コメント(0)トラックバック(0)  mixiチェック

2012年05月22日

パワー・ハラスメントの防止に向けた取組みについて

alby at 21:57コメント(0)トラックバック(0)  mixiチェック

2012年05月21日

金環日食

日食
登校する児童と一緒に日食を観察した。

3年生理科の太陽観察で利用する遮光板が役だった。
部分日食
この写真は、遮光板を通してコンパクトデジカメで撮影したもの。

丹波市では、7時31分に食が最大になった。暗くなった。
ピンホール現象
ピンホール現象で、木漏れ日の影も三日月型になった。
ある児童は、自分の帽子の穴を利用して、日食を観察していた。
帽子ピンホールカメラ


アプリ「金環食2012」によると、丹波市春日町付近では、部分日食0.931。金環にはならなかったが、十分楽しめた。

日食は、太陽・月・地球が一直線上に並んだときに起こる。月と地球の距離が遠いと月が小さく見え「金環日食」、近いと月が大きく見え「皆既日食」になる。

alby at 07:59コメント(0)トラックバック(0)  mixiチェック
理科教育 
月別アーカイブ
最新コメント