細見の一日

情報教育や理科教育に関する授業研究を中心に情報発信しています。小学校におけるICTを活用した授業づくりに興味があります。

気になる記事がありましたら、お気軽にコメントをよろしくお願いいたします。

2008年02月

2008年度青少年のための科学の祭典

青少年のための科学の祭典 丹波会場大会2008は7月27日(日)に実施予定。場所はゆめタウン氷上店。場所を変えたので気分が変わるはず。開催要綱ができたようだ。

氷上情報教育研究会 合同成果発表会2日目

ワークショップは、次年度の研究推進計画を考える。自主的な研究グループが継続発展するための方策を考える。総括助言は大阪教育大学の木原俊行先生。的確なアドバイスをいただいた。

氷上情報教育研究会 合同成果発表会1日目

ペアーレ神戸にて。講師は聖心女子大学永野和男先生。なにわ放送教育研究会と徳島の情報教育を考える会との共催。

ポスター作成1

ポスターセッション用ポスター週末のポスターセッションに向け、小高先生とポスター制作。手書きだけれども、伝えたいことは凝縮できたつもり。今週はかなりハードだった。
PTA広報部が小会議室でささがみね56号の原稿を作成されている。今年はPCに精通されている方が多いので、自分たちでレイアウトまでされていた。よい広報になりそう。

教職員研究グループの報告書作成

兵庫県教育委員会の教職員研究グループの報告書がやっと作成できた。個人の取組としてはいいものだが、それを有機的に結びつけるのがなかなか難しい。

第2回丹波地区情報教育研修会

丹波の森公苑にて。

柏原厄神さん4

32129248.jpg厄神さんの日は雪が降るといわれているが、今年も雪が降った。屋敷に親戚がいるので、厄神さんのときはいつも夕食をよばれ、その足でお参りをする。夕方になると参拝客も少しは少なくなる。
たこ焼きや回転焼きの出店を見るとわくわくするのも子どもと一緒。最近は荻野酒店に寄り、日本酒の小鼓を買うのが楽しみになっている。

ひとはく サイエンスショー4

ed1149ce.jpg兵庫県立人と自然の博物館で開催された「第3回 理数ワンダーランド サイエンスショー」に東京から直接会場入りした。「身近な植物で水溶液を仲間わけしよう」というワークショップを行った。
マローブルーの色素を抽出し、身近な水溶液(酢、レモン果汁、炭酸、サンポール、石灰水、アンモニア水、水酸化ナトリウム)でどのように色が変化するのかを体験してもらった。盛況。35名の参加者があった。当日は3,000人の来館者があり盛り上がっていた。

算数掲示用教科書プロジェクト会議5

内田洋行新川本社内田洋行新川本社にて行われたUNIQUEプロジェクトの会議に参加。与えられた単元の授業の様子を全国から集まった実践家が報告した。同じ課題や指導計画だったので、各人の報告を非常に興味深く聞くことができた。
堀田先生は、どの人のレポートにも肯定的なコメントや学術的なポイントを示唆された。さすが。高橋先生からは、私たちの提出した毎時間ごとのレポートを分析した結果を報告していただいた。大変勉強になる会議だった。

4年生音楽授業研究会4

a6b851da.jpg宝塚市立美座小学校の大西裕子先生を講師に招き授業研究会を行った。授業者は上月先生。音をきき合って合わせよう〜♪めざせ!金ぴかハモり隊♪〜をテーマに、ハーモニーを体得させる授業作りをされた。学習環境の整備、教材研究、テンポのよさ、評価と手立てが非常にハイレベルな授業。学ぶことが多かった。
事後研ではワークショップをしたが、その後実技研修をしていただいた。職員で歌ったり、聴きあったりした。今年度の授業研究はこれで終わり。次は研究冊子作り。
月別アーカイブ
最新コメント
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスグラフ

    twitter
    Profile
    メッセージ

    名前
    本文
    記事検索
    タグ絞り込み検索