細見の一日

情報教育や理科教育に関する授業研究を中心に情報発信しています。小学校におけるICTを活用した授業づくりに興味があります。

気になる記事がありましたら、お気軽にコメントをよろしくお願いいたします。

2005年05月

モンシロチョウの卵

2c3fb915.jpgkenbikyo.jpg学校放送番組「ふしぎだいすき」(小3理科)の第3回「びっくり!あおむし大へんしん」を見せたあと、畑にモンシロチョウの幼虫を探しにいった。番組を見せると、子どもたちはチョウに大変関心をしめし、活動に対して意欲的になる。
キャベツの葉の裏をよく探すとあった!1mmくらいでとっても小さいが、教科どおりトウモロコシの形をしている。双眼実体顕微鏡で見せてやると、番組どおりだったので、子どもたちはとても喜んでいた。今日の授業は成功!

携帯カメラで撮影した自然学校

5年生が自然学校で海に行っている。校長と5年担任が海から携帯カメラで撮影した画像をメールしてくる。それをそのままホームページにした。
画像は小さいが様子がよくわかる。並べ方はちょっとバラバラになってしまったけれど。楽しみにしている保護者もいるのも確か。今日もがんばって更新した。

自然学校のホームページ作成

e04767a9.jpg氷上町5年生の自然学校のページを作成した。昨年度は毎日ライブ更新をしてたが、今年度は2回に分けて更新する予定。丹波少年自然の家の3日分を更新した。
今回、初めて閉所式の司会や送り出しをしたが、結構部屋の片づけが厳しいことに驚いた。本日代休。

自然学校3日目

e52d54cb.JPG元町で国際理解プロジェクト面接を受ける。
丹波少年自然の家で竹細工「水鉄砲作り」と焼き杉実習。
時間があったので、川でホームページを作りながら子どもたちと遊ぶ。

LTプロジェクト第1回オフミ

ltpro.jpg梅田でLTプロジェクト第1回オフミがあった。

自分の研究歴

LTプロジェクトで、木原先生から「これまでの学校の研究歴をふりかえって」という課題がだされたので、研究紀要を集め、ワークシートにまとめた。
私は平成11年に新規採用されたのだが、そのころは「総合的な学習の時間」が始めるとあって、校内研修は「総合」がメインのテーマだった。自分たちでカリキュラムを作り、評価方法を開発するプロセスを経験していた。
本校に転勤すると、そこは情報教育の研究指定校だったので、情報活用能力の育成をテーマに研究活動を行った。主に「個に応じた指導」や「ITを活用したわかる授業作り」をについて研究を進めた。
こうやってみると、総合や生活科などの創造的な授業作りについては研修を積んだが、学級経営や国語や算数など特定の教科に特化した研修は受けていないことに気づく。教師と基礎となる学級作りや授業作りの力についてはまだまだ未熟な点が多い。
今回の課題により、総合や生活科や情報ばかりにとりくんでいた自分の姿が客観的にわかった。明日のオフラインミーティングではもっともっと自分の今の姿が明らかになるのかなと思った。

草刈り機の歯研ぎ

66086aa8.JPG遊びに行く予定が急きょキャンセル。午後は草刈りをしていた。
近所のおじさんが現れ、「草刈り機の歯を研いでやろう」という。草刈り機の歯はギザギザで研ぎにくいだろうなと思っていたら、専用の道具を使ってすぐに研いでくれた。家では歯の先についているチップがなくなったら交換していたので、こうやって研ぐと切れ味も長続きするんだろうなと思った。よく切れると作業もとっても楽。

LTプロジェクト開始

木原先生のBlogにもあったが、学校研究推進リーダー養成プロジェクト(LTプロジェクト)が始まった。今日は「事前アンケート」を提出した。明日はこれまで6年間の研究冊子から1年ごとの振り返りをまとめたワークシートを提出する予定。いつもながら締め切りぎりぎりだけど、がんばるぞ。

ナンテンの葉の数

b2284a31.jpg本日一人旅。ナンテンの葉の数に興味を持った。
1番上が3枚。2番目が2枚。3番目が6枚。4番目が10枚。5番目が22枚。
じゃあ、6番目の葉は何枚になるでしょう?
理科屋の予想42枚。算数屋の予想54枚。
さて、あなたは何枚だと思いますか?

情報教育担当者幹事研修会

黒井小で各町6名の担当幹事と管理職2名が集まる会があった。幹事長に丹波市で唯一のITCE2級資格者で県立研修所IT教育推進委員を1年間された方を推薦したが、管理職と同じ勤務校であるという理由で却下された。残念。船城小の先生が幹事長をされることになった。
研究テーマは「教職員の情報モラル意識を高め指導の充実を図る」。年間計画は、夏休みに講師を招く講演会と情報モラルの校内研修指導計画を立てるワークショップ。3学期にその校内研修の実践報告をする2回が決定。しかし、予算が0円であることには驚いた。
月別アーカイブ
最新コメント
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスグラフ

    Profile

    細見です

    メッセージ

    名前
    本文
    記事検索
    タグ絞り込み検索