細見の一日

情報教育や理科教育に関する授業研究を中心に情報発信しています。小学校におけるICTを活用した授業づくりに興味があります。

気になる記事がありましたら、お気軽にコメントをよろしくお願いいたします。

丹波視聴覚教育研究協議会夏季実技研修会

09bdb87d.jpg学校放送の効果的な利用方法についての研修会が市島町三輪小学校で開催された。
学校放送番組を見るためには、Real PlayerやWindows Media Playerが必要で、それらのインストールを実習した。
上月先生からは、息子さんの自由研究を題材に、顕微鏡にCCDカメラをつけパソコンで記録する方法を教えてもらった。
学校デジタル羅針盤で有名な野田先生からは放送番組を活用しての実践発表を聞いた。

氷上支部自主教研理科部会

ookuwagata.jpg柏原町悠々の森で理科部会の集まりがある。
テーマは「夜の虫」。
オオクワガタを200匹飼育している村上先生から飼育について教えてもらった。
ポイントは幼虫のときに、たっぷり栄養を含んだ土で飼育すること。
写真は、体長10cmほどのスマトラオオヒラタクワガタである。

氷上郡教育委員会教育研究室情報教育部会

b2967a3a.jpg氷上郡教育委員会から委託されている、情報教育部会が春日部小学校で開催された。これは郡内の小学校と中学校の理科の教諭が集まり、教材研究を行うというもの。今年は「ITを活用した理科授業」について研究している。

教科書の単元に沿って、利用できるWebページや動画などのリンク集を作成した。2学期に6年生の地質の単元で授業研究を行うことが決まった。次回は9月24日開催予定。

OHPシートを利用した「酸・アルカリ判別シート」

6fc42f87.jpg2月に姫路で行われた第39回兵庫県小学校理科教育研究発表会でのプレゼンを聞いて興味を持ったと、神戸市立西山小学校の先生から問い合わせをいただいた。
これは身の回りの天然色素(ブドウやコスモス)を抽出し、インクジェット用のOHPシートに固定、それを酸・アルカリの判別シートとして活用するという実践。啓林館のホームページでも紹介されている。
今年、県の研修所の実験実技講習会のネタになっているとも聞いたので、うれしい限り。

西山小には、指導案とプレゼンと写真をCDにして郵送した。

氷上情報教育研究会 8月の例会

f5d8a4d2.jpg氷上町常楽の情報研事務所で8名の参加。京都フォーラムの報告、「情報教育とはどんな力をつける教育かを確認しよう」というワークショップ的ミニ講座があった。
最近はワークショップ大好き。自分が講師だったらと考えながら参加した。写真はシートに張った付箋を分類整理している場面。

スタディノートの天理研の報告があり、私もスタディしなの研修会の報告を行った。CASA機能を用いた教材作成のデモを行い、実際にブラウザで教材を動かした。
月別アーカイブ
最新コメント
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスグラフ

    twitter
    Profile
    メッセージ

    名前
    本文
    記事検索
    タグ絞り込み検索