細見の一日

情報教育や理科教育に関する授業研究を中心に情報発信しています。小学校におけるICTを活用した授業づくりに興味があります。

気になる記事がありましたら、お気軽にコメントをよろしくお願いいたします。

ゴルゴ13の中堅・中小企業向け海外安全対策マニュアル

ゴルゴ13の中堅・中小企業向け海外安全対策マニュアル
外務省が発行した「ゴルゴ13の中堅・中小企業向け海外安全対策マニュアル」。想定されている読者に結構近い存在のような気がする。

2017年3月22日から6月13日まで連載が続くよう。現在、第1話が公開されている。続編が楽しみ。

ゴルゴ13の中堅・中小企業向け海外安全対策マニュアル(外務省)
http://www.anzen.mofa.go.jp/anzen_info/golgo13xgaimusho.html

かもめ食堂

今日は、夕食の後で、映画「かもめ食堂」を家族で観ました。ヘンシルキの素朴な良さを感じました。

トルコの携帯電話を海外で使用する方法

この記事の内容は、トルコの携帯電話を海外で使用する方法(改)でご覧下さい。
2017年7月22日 訂正

Turkcell
トルコの携帯電話会社Turkcell(トゥルクセル)を、海外で使用する方法を紹介します。

まず、Turkcellのホームページで、使用したい国名を選択します。現在、69カ国から選択できます。
デバイスは「携帯電話、タブレット、すべて」の3種類から選択できます。

私はフィンランドを選択しました。

Avantaj Yurt Dışı Paketi プランがありました。
1ヶ月60TL(2,000円ほど)で、通話500分、インターネット2GB、SMS1000通のパッケージです。

お金は窓口に行かなくても、ホームページからクレジットカードで入金できます。
https://www.turkcell.com.tr/yukle/nar-paketi-yukle

〇支払い方法
1 GSMに自分の携帯電話番号(Turkcell)を入れます。

2 パケットプランを選びます。下の方にある60TL Avantaj Yurt Dışı (海外)を選択します。

3 クレジットカードの名義と番号、有効期限、セキュリティーコードを入力します。

4 携帯電話番号、氏名、E-mailを書いて、「同意」にチェック入れて、進みます。

以上で、海外でトルコの携帯電話が使用できるようになりました。海外に行かれた際には、ローミングをオンにするだけで使用できます。

なお、使用する国によっては、日割りの細かいプランもありますので、各自の使用方法に合ったプランを選択して下さい。

チャムルジャの丘

チャムルジャの丘
イスタンブールで一番標高が高いチャムルジャの丘に登りました。トルコ最大級のモスク「チャムルジャ・ジャーミー」の建設の様子も近くから眺めることができます。

チャムルジャの丘
山頂には、テレビ塔やレストラン、公園や観光客向けの小さなお店があります。頂上から眺める景色は最高です。ボスポラス海峡を渡る船を見るもよし、ボスポラス大橋を通る車を見るもよし。

バスで近くまで行くことができますが、かなりの登り坂ですので、タクシーの利用をお勧めします。

アジア側のベイレルベイ宮殿

Beylerbeyi Sarayi
イスタンブールアジア側にあるスルタンの夏の離宮「ベイレルベイ宮殿」に行きました。ボスポラス大橋(7月15日殉教者の橋)のすぐ北側にあります。

夏の離宮とあって、宮殿内は涼しくする工夫が一杯。床板の上に日本のござに似たものがひいてありました。館内は寒く、ガイドさんはベントコートを著ていました。

日本製の大きな壺があると言われました。私には中国製に見えました。

入場料は20TL。ミュゼカードは使えません。館内の見学(30分)は、ガイドのツアーのみ。トルコ語・英語、両方話せる方に案内していただきました。

ヨーロッパ側からの行き方。ベシクタシュからユスキュダル行きの船に乗り、ユスキュダルから15番系のバスで10分です。しかし、今朝はボスポラス大橋に連結する道が渋滞していました。

イスタンブールの宮殿といえば、ドルマバフチェ宮殿やトプカプ宮殿が有名ですが、ベイレルベイ宮殿もなかなか素敵でした。
ボスポラス大橋に人が

宮殿を撮ったら、偶然、橋のてっぺんに3人の人が写っていました。点検でしょうか。
月別アーカイブ
最新コメント
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスグラフ

    twitter
    Profile
    メッセージ

    名前
    本文
    記事検索
    タグ絞り込み検索