細見の一日

情報教育や理科教育に関する授業研究を中心に情報発信しています。小学校におけるICTを活用した授業づくりに興味があります。

気になる記事がありましたら、お気軽にコメントをよろしくお願いいたします。

ウイグル料理レストラン「ユークセル」

ラグ麺
アクサライにあるウイグル料理レストラン「ユークセル」に行きました。日本の焼きうどんやサラダうどんに似た「ラグ麺」が最高においしいです。

ラーメンと餃子
スープに入ったラグ麺は、まるでラーメンのよう。イスラム教の下に暮らす日本人としては、ラーメンは禁断の食なのです。水餃子もあります。タレはちょっと甘みのある酢というか、餃子のたれとは違いますが、おいしいです。

麻婆豆腐
貴重な豆腐もあります。マーボ豆腐は、山椒や唐辛子がかなり効いて、一口食べるだけで、汗が噴き出ます。額から玉のような汗が滴り、さらに鼻水まで噴き出て、娘と妻からひんしゅくを買いました。

持ち帰り用豆腐
豆腐は持ち帰りもできます。木綿豆腐が20TL/1kgです。夕飯は、醤油と生姜の湯豆腐と息子と楽しみました。

Yuksel
レストランなので、民族や歴史的背景を気にせずに入店できるおすすめのお店です。
Yuksel Uygur Restaurant
住所 Haseki Sultan Mahallesi, Turgut Ozal Millet Cd 21/A, 34096 Fatih/İstanbul
電話 (0212) 586-2622
Web http://yukseluygur.com/
アクセス T1トラム駅YUSUFPAŞA駅すぐ。ミグロスjetとショクの間。

城壁に囲まれた町、イズニック

iznik
かつてタイルの生産地として有名だったイズニックİznikを訪れました。

アヤソフィアのドーム
まず、町の中心にあるアヤソフィア・ジャーミーを見学しました。いかにも近年修復されたという小さなジャーミィでした。写真はわかりにくいと思いますが、ドームを下から撮影しています。足下には、お墓がありました。

ローマ劇場
次に、ローマ劇場に行きました。2千年前は、1万5千人を収容した立派な劇場だったようですが、今は工事現場になっていました。

イズニック湖
その後、町の西側にあるギュル門Gol Kapıに行き、イズニック湖を眺めました。カワウ、カモメの群れがいました。山頂には雪が残っています。

イズニックタイル
イズニックタイルの買い物はお勧めです。イスタンブールで購入するよりお得です。日本人に人気のお店は、アナトリアン・アーツ・クラブ。イスタンブールから城壁を入ってすぐの店です。

anatolian arts club
https://www.anatolianarts.com.tr/

キョフテジ・ユスフ
昼食は、ガイドブックに掲載されていたキョフテジ・ユスフに行きました。ここのイズニック・キョフテスィは最高でした。満席で大変繁盛していました。
KofteciYusuf
キョフテジ・ユスフ
http://www.kofteciyusuf.com/

タイルの店
午後は、陶器の店が20軒以上連なるニリュフェル・ハトゥン陶器市場Nilufer Hatun Cini Carşısıをぶらり見学。店主は女性ばかりでした。

日帰りの旅行になりましたが、ゆっくりと落ち着いた時間を過ごすことができました。
イズニックへの行き方
イスタンブールのイェニカプから高速船idoでヤロワに向かう。歩道が整備されており、徒歩10分ほどで地下鉄の駅から港まで行けるようになっていた。idoのホームページで早割を買うと往復28TL。所要時間は1時間15分。ヤロワからはイズニック行きのミニバスに乗る。片道15TL。1時間。
高速船ido
http://www.ido.com.tr/tr

コンヤのメヴラーナ博物館

MevianaMuzesi
コンヤは、イスラム神秘主義のメヴレヴィー教団の発祥地として知られています。最大の見どころであるメヴラーナ博物館を訪れました。

メヴラーナの棺
中に入ると、ずらりと棺が並んでいます。とりわけ目立っていたのが、メヴラーナの棺。大きな帽子も印象的でした。

ムハンマド
人気があったのは、ムハンマドのあごひげが入った箱。あごひげを一目見ようと、箱を底からのぞく人がたくさんいました。娘いわく、「何も見えなかった。」
メヴラーナ博物館
電話 0332 351 1215
https://www.muze.gov.tr/tr/muzeler/mevlana-muzesi
植木もセマー

多文化共生・国際教育セミナー4

兵庫県海外子女教育・国際理解教育研究会の多文化共生・国際教育セミナー4に、テレビ会議で参加しました。来年度、アジアや中南米に派遣される内定者4名も参加されていました。

LINEグループビデオ通話
海外からは、兵庫県から派遣されている、コロンビアのボゴタ日本人学校、スペインのマドリッド日本人学校、トルコのイスタンブル日本人学校の3名が、LINEのグループビデオ通話で参加しました。日本と海外の複数の地点を接続する試みが興味深いと感じました。

私も派遣前には、兵海研によく参加して、先輩からたくさんの情報を教えてもらいました。大変お世話になった研究会です。

兵庫県海外子女教育・国際理解教育研究会
http://hyokai.sakura.ne.jp/htdocs/

はなまる集計2017の評定の自動計算

評定の自動設定
教育同人社の得点集計ソフト「はなまる2017」には、通知表の入力に便利な機能がある。

観点別評価から評定に換算するに、校内で独自の換算表を用意して、どの教師でも同じ評定になるように決められている学校も多いと思う。

はまなる2017には、教科毎に学習の記録の評定の自動計算機能が備えられており、これが結構便利なことを今日初めて知った。

例えば、A=3点、B=2点、C=1点として、各観点の評定の合計を計算し、その合計点から評定を算出する。A,A,A,A,ならば3、B,B,B,Bならば2というように、自動計算ができる。もちろん、教科毎に学校独自の基準値を設定できる。上の図は初期設定の値。

授業担当者は、各観点のABCを入力するだけで、学校の基準に応じた評定が自動計算できる。これなら、人為的なミスが発生しにくい。

はなまる2017からは校務支援ソフトC4thへの連携もバッチリなので、エクセルで流し込むと簡単に評定がついてしまう。C4thには自動計算機能はないので、はなまる2017で事前に集計させておくことをお勧めしたい。
月別アーカイブ
最新コメント
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスグラフ

    twitter
    Profile

    細見です

    メッセージ

    名前
    本文
    記事検索
    タグ絞り込み検索