2018年08月20日

フタトガリアオイガ

フタトガリアオイガ
最近、スイフヨウやオクラにつく蛾の幼虫をつまんで、池の鯉にやるのが母親の日課になっている。娘もまねをしてつまむと、刺されたようだ。

柿の木には、イラガが発生して、先日駆除したばかり。イラガ科のイモムシは毒刺毛を持ち、触れると痛みが生じるものが多いので注意が必要である。そこで、イモムシを捕獲して同定した。

幸い、フタトガリアオイガには細かい毛があるが、毒はなさそう。観察後は、池の鯉にあげた。
フタトガリアオイガ
体長38mm。幼虫の主な食べ物は、フヨウ、ムクゲ、アオイ、ハマボウ、オクラなど。緑、黄、黒、朱色と配色が美しいのが特徴。オクラなどの害虫にもなる。旧名はフタトガリコヤガ。
参考 安田守『イモムシハンドブック2』文一総合出版社、2012年、p.85

  • mixiチェック
alby at 20:42|PermalinkComments(0)理科教育 

2018年08月08日

第45回教育課程編成講座

教育課程編成講座180808_12 (1)
神戸のラッセホールで開催された兵庫教育文化研究所の第45回教育課程編成講座に参加した。実に4年ぶりで、色々懐かしく思った。

教育講演会は、大阪教育大学の加賀田哲也先生が「次期学習指導要領での小・中の外国語教育の充実に向けて」という話をされた。

小学校における外国語活動は、ほとんど英語が専門でない教員が週2時間の授業を担当している。そして、児童一人一人を評価し、学期末には所見を書いている。外国語活動を充実させるためにはどうすればよいかという視点で話を聞いた。

カッパドキアの火山灰の観察
午後は、理科教育分科会の講座2を担当。テーマは「イスタンブル日本人学校での理科教育」。トルコの情勢を伝えつつ、参加者には双眼実体顕微鏡でカッパドキアの火山灰を観察してもらった。
  • mixiチェック
alby at 23:30|PermalinkComments(0)団体 | 理科教育

2018年08月07日

学校づくりに活かす教育の最新事情

学校づくりに活かす教育の最新事情
免許状更新講習の必修領域講習、「学校づくりに活かす教育の最新事情」を兵庫教育大学で受講した。4名の先生がそれぞれ講義をされ、午前中に30分、午後に30分、筆記試験があった。
発達障害に関する講義では、まず保護者対応について話された。本人の支援よりも優先順位が高くなっていることを感じた。
昼の食堂では、丹波市から参加された先生や大学の先輩に出会い挨拶をした。
  • mixiチェック

2018年06月16日

在外教育施設派遣教員帰国報告会

国際理解教育研修会
姫路市市民会館で開催された兵庫県海外子女教育・国際理解教育研究会「平成30年度在外教育施設派遣教員帰国報告会」に参加した。誌面発表を含め17名の報告があった。

ボスポラス海峡のイルカの写真
近隣家屋で行われたマフィアの銃撃戦やトルコ軍のクーデター未遂事件時の様子などについて話をした。写真はボスポラス海峡のイルカがジャンプしているところ。

サウジアラビアのリヤド日本人学校に派遣された先生は、「トンカツを食べにバハレーンまで行った」と言われた。同じイスラム教の国に派遣された者として、発表内容に共感するところが多かった。

フィリピン、ラオス、ケニヤに派遣された青年海外協力隊の方の話も興味深かった。今後は、派遣経験を国際理解教育や帰国子女教育、多文化共生教育の分野でいかしていきたい。

〇兵庫県海外子女教育・国際理解教育研究会
http://hyokai.sakura.ne.jp/htdocs/
  • mixiチェック
alby at 23:46|PermalinkComments(0)国際理解 

2018年05月03日

「化石発掘調査」アカデミックキャンプ

篠山市立太古の生きもの館
娘が、兵庫県立人と博物館主催の「化石発掘調査」アカデミックキャンプに参加している。定員は、小学4年生から中学2年生の20名。

2泊3日の日程で、講義、ツリーイング、石割体験などがある。川代公園でのキャンプも楽しそう。

親としては、寒くないかな、花粉症になっていないかな、などの心配でいっぱいである。

子どものための古生物学入門=恐竜時代の生きものと自然の調査=
http://www.hitohaku.jp/infomation/news/fossile-academic-c2018.html
  • mixiチェック
alby at 23:40|PermalinkComments(0)理科教育 
月別アーカイブ
最新コメント