2016年07月30日

チャイナスティックス&スシ

焼きそば焼き肉
今日のランチは、ニシペディエ通りの中華料理「China Stix & Sushi」。一度、出前を頼んだことがあったが、実店舗に行くのは初めて。

メニューを見て、値段が高くてびっくり。焼きそば一人前が1,000円ほどする。25TLの焼きそばと焼き肉のセットをオーダーした。箸で食べられるのがうれしい。味はトルコの中華という感じ。濃いめ。

コーラ
お店の価格設定は、だいたい飲み物で分かる。庶民的な店はコーラが3TLだが、ここは6TL。おしゃれなグラスに、ライムが入っていた。

会計を頼んだら、「チャイを飲む?」と聞かれた。こういう場合、サービスのことが多い。でも、チップでその分を支払うという感じ。

ジャスミンティー
てっきりトルコのチャイが出てくるのかと思ったら、なんとジャスミンティーだった。料理よりもお茶の方が美味しかった。
China Stix & Sushi
住所 Etiler, Nispetiye Cd., No:61, 34337 İstanbul
電話  (0212) 263 4748
http://www.chinastix.com.tr

2016年07月26日

イスタンブールでイスケンデルケバブ

iskender kebapci
Bursaブルサの名物料理といえば、イスケンデルケバブ。トルコの肉はとても品質が高く、臭みが少なく柔らかい。羊肉を味付けして、大きな串に盛り、炭火焼き。しゃもじのようなこてで支えながら、刃渡り30cmくらいのナイフで、薄くそぎ落とす。それがケバブ。

老舗ショッピングセンター「アクメルケズ」のフードコートに、新しく「Bursa Kebap Evi」というレストランができた。早速、同僚と出かける。

Bursa Kebap Evi
なんと、本場ブルサと同じように、パン生地の上に肉をのせ、溶けたバターを垂らしてくれた。肉とヨーグルトの組み合わせは日本人には難しいが、美味。イスタンブールにいながら、本場さながらのイスケンデルケバブが味わえたので満足。お昼は12時半を過ぎると満席なので、早めの来店がお勧め。
Bursa Kebap Evi
住所 akmerkez
Nispetiye Cad. Akmerkez E3 Blok Dukkan No:439
Etiler Besiktas Istanbul
TEL 0212 282 0858
http://www.bursakebapevi.com/

2016年07月23日

トルコにある回転寿司「hai SUSHI」

hai SUSHI
ボアジチ大学生が日本の回転寿司を取り上げ、トルコ料理と比較する研究発表を以前に聞いた。そのときの質疑応答で、イスタンブールにも回転寿司があるということがわかり、どうしても行きたくなった。

divan
今日、やっと場所がわかった。イスタンブールアジア側カドキョイ。船着き場からタクシーで10分ほど東側のカラムシュ・マリーナにある。divanホテルが目印。クーデター以降、今日も公共交通機関は無料だった。

Sake 12TL
日本の回転寿司は安いが、トルコの回転寿司は高級である。例えば、マグロ一皿二巻で500円。カウンターに座ったときは、ベルトは回転していなかった。「これは回転しないの?」と聞くと、ベルトが動き出し、料理人がタイ、サーモン、マグロ、しめサバなどを握り始めた。

味は、いい。何より、トルコにいて日本的な雰囲気が味わえるのがいい。いい場所を教えてもらった。
hai SUSHI
場所 Amiral Fahri Koruturk Kalamış Ve Fenerbahce Yat Limanı, 34726 Kadıkoy/İstanbul
電話 (0216) 541 0354
http://www.divan.com.tr/divan-restaurants/divan-far-east-restaurant-hai-sushi

2016年07月22日

イスタンブールでポケモンGO

ポケモンGO
7月22日に日本でも配信開始されたポケモンGO。トルコでもプレイできるようになりました。

iPadとアンドロイド携帯にインストール。最初に捕まえた場所は、台所の炊飯器の横でした。娘が興奮していました。

今朝は、職場に用事があったので、娘と一緒にポケモンGOを立ち上げて歩きました。途中の公園ではモンスターボールをもらえたり、エティレルの老舗ショッピングセンター「アクメルケズ」はトレーニング場になっていたりと、様々な情報を得ることができました。

2016年07月16日

トルコ軍クーデターから一夜明けた朝

昨日の騒ぎが嘘のような静かな朝。日本からたくさんの連絡をいただきました。みなさんにご心配おかけしております。

トルコで何が起こったのかは、現地の総領事館メールや日本のニュースサイトやテレビの情報で知ることになります。

トルコのテレビの映像や新聞社のページはわかりやすいですが、どんな事態になっているのかというのは、私のトルコ語の能力ではわかりません。

一番怖かったのは、夜中3時頃の戦闘機の飛行です。音速を超えた飛行物体は衝撃波が走ると理科で教えたことがありましたが、衝撃波を体験したのは初めてです。爆音とともに、衝撃が走りました。まるで爆弾が落ちたような感じです。寝ていた子供たちはびっくりして起きてきました。

騒ぎは落ち着いたようなので、来週から平常通り生活できるようになってほしいと願っています。トルコではテロが続発していますが、今回のように国の中で軍と政府が対立し、死者がたくさんでるのは悲しいです。
月別アーカイブ
最新コメント