細見の一日

情報教育や理科教育に関する授業研究を中心に情報発信しています。小学校におけるICTを活用した授業づくりに興味があります。

気になる記事がありましたら、お気軽にコメントをよろしくお願いいたします。

おばあちゃんの太平洋戦争

おばあちゃんの太平洋戦争
丹波新聞の「戦争体験、絵本で伝える 春日の義積さん 少女期の思いを子供目線で」(2020年6月6日)で紹介されていた絵本『おばあちゃんの太平洋戦争』を読んだ。

私が小学生のとき、祖母が教育勅語を暗記しているのを知って「おばあちゃん、そんな長い文章を覚えてすごいなぁ」と思ったことがあった。この絵本では、国民学校に入学すると、「先ず教育勅語を暗記する」が書かれていた。祖母が教育勅語をスラスラ言えていた理由がわかった。

「イナゴのだしで野菜の雑炊」のくだりでは、祖父(かやじい)がイナゴを竹串に挿して醤油をつけて焼いてくれたことを思い出した。現代では昆虫食というが、戦時中は普通に食べられていたようだ。

『おばあちゃんの太平洋戦争』は、子供のころに聞いた祖父母の戦争体験を思い出すよい絵本だった。

ところで、コロナの影響で、今年の8月6日は授業日になる。原爆の話とともに、この絵本も読み聞かせをして、平和を考える日としたい。

義積喜美子(2020)『おばあちゃんの太平洋戦争』藤本印刷



部分日食

部分日食
部分日食の観察をした。残念ながら曇り空。

部分日食の観察
遮光板を通して肉眼では観察できたけれど、写真撮影は難しかった。

戦闘機
戦闘機が2機、爆音を立てて西の空に向かっていたので、次回の日食は空の上から観察したいと思った。

2012年5月21日の部分日食は、登校してくる児童と一緒に完璧に観察できたのに。
http://hosomi.blog.jp/archives/52252802.html

青く光るカワセミ

カワセミ
河川クリーン作戦で、ため池の草刈りをした。休憩中、近所の人が「あ、カワセミや」と教えてくれた。

水面近くの枝の上に、青色に光るきれいな鳥がいた。魚を探し、ダイビングをしてとらえるようだ。確かに、くちばしが長く、魚がつかめそう。

土のがけにトンネルをほって巣を作るらしい。鳴き声は、チッーチー。

ホオジロ

ホオジロ
朝食を食べていると、窓から野鳥が見えた。今朝は、ホオジロ(オス)がいた。

鳴き声は、チョッチョリ、チョリリ、チョヨリリリ。このさえずりは、「一筆啓上、仕り候(いっぴつけいじょう、つかまりそうろう」と聞こえる。さすが男子。他には「源平つつじ、白つつじ」とも。地鳴きはチチッ。

農耕地や草原、伐採後の林など、開けた場所にすむ。16.5cm。

見つけたらすぐに撮影できるように、望遠レンズをカメラにつけている。

紅白のツメクサ

アカツメグサとシロツメグサ
田植えをしているときに、ふと土手を見ると、紅白のツメクサが咲いていた。

アカツメグザとシロツメグサ。なんだか、めでたい。

はやくコロナが収束しますように。
月別アーカイブ
最新コメント
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスグラフ

    Profile

    細見です

    メッセージ

    名前
    本文
    記事検索
    タグ絞り込み検索